5月1日出勤前に妻に心理状態が良くないことを話す。この心理状態は結構昔からで毎日苦しい状況があったのですがここ1か月ほど自分でもちょっとおかしいのでは?と思えるくらい状態が悪化したように感じていました。

単に仕事がイヤだという以上の状態で上司にも少し相談をしていました。

もしかしたら鬱なのかな~なんて思っています。簡易的な自己診断をしてみたところ鬱の疑いありでした。

 

妻に話したのは会社に行くのがちょっとしんどい、ということ。妻は本気で心配してくれていろいろ調べてくれました。

一つの可能性としてADHDが浮上したようで今日簡単なテストをしました。

お好きなところからお読み下さい

ADHDとは

注意欠如多動性障害(ADHD)は、多動性・衝動性しょうどうせいと注意力の障害を特徴とする行動の障害です。これは米国精神医学会の「精神疾患の診断・統計マニュアル第4版(DSM‐IV)」において採用された障害名で、WHO(世界保健機関)の「国際疾病分類第10版(ICD‐10)」では多動性障害という名称が用いられています。

多動性、衝動性、不注意の3つが大きな特徴です。この3つがどのような症状として現れるのでしょうか?

多動性

  • 貧乏ゆすりや机を指で叩くなどの癖がやめられない
  • 会議中や仕事中に落ち着かずそわそわしてしまう。
  • 一つのことをしているときに他の事に気を取られやすい。
  • おしゃべりを始めると止まらない。自分のことばかり喋ってしまう。

 

貧乏ゆすりや机を指で叩く癖はありませんが、そのほかのことは結構当てはまっています。何かをしていないと不安になることが多く常に動いていたいと思っていることも当てはまるかも。

衝動性

  • 会議中に不用意な発言をしてしまう。
  • 周りに相談せずに独断で重要なことを決めてしまう。
  • 言いたいことを我慢してイライラする。
  • 仕事を順序立てて行うことが苦手。
  • 衝動買いをしてしまう。
  • 衝動的に人を傷つけるような発言をしてしまう。
  • 些細なことでもつい起こってしまう。

この中では特に「周りに相談せずに独断で重要なことを決めてしまう」というのと「言いたいことを我慢してイライラする」が当てはまります。発言自体が不用意なので会議中では黙ってしまうことが多いです。不用意な発言のあとはリアクションが多すぎること、衝動的発言の後も相手からの反応が鬱陶しいので言わないことが多いです。

不注意

  • 会議や仕事に集中できない
  • 仕事に必要なものを忘れたり、ミスが多い。
  • 仕事の締め切りに間に合わない。
  • 人の話を集中して聞けない。
  • 約束を忘れてしまう。

これが特に多いのですが、不注意によるミスが多すぎなのです。忘れ物も多いのです。何度も何度も注意を受けたり、自覚もあるのですがなぜかミスをしてしまう。ツメが甘いとよく言われます。仕事していてもクロージングが苦手です。

やってみた簡易テスト

上に書いた症状が結構当てはまってしまい、自分でも“疑いありだね”と思ってしまいました。

妻からやってみてと言われたのは簡単なチェックリストでした。

 

Web上にあったものですが、妻は上手いことプリントアウトして、チェック欄の□の部分の網掛けを全部外してくれました。

質問の1~6の内網掛け部分が4つ以上で疑いありなのですが、なんと満点でした!!

久しぶりに100点取りましたよ!

 

まとめ

現状、上手くいかないことが多いのでちょっと鬱症状出ていると思うのですが、原因はADHDの症状にあったのだと思います。でもこのADHDは自分で思うのですが昔はなかった障害です。性格的に物忘れが多いとか、ツメが甘いとかいうだけで普段の生活にはなんの支障もありません。でも自分にこの症状があるとなると、もっと自発的に対策が必要になってくると感じました。

改めてADHDなのかな?と思うとちょっとショックを受けています。