全国的にも有名な大阪の花見と言えば大阪造幣局桜の通り抜け。大阪に来て2年経って初めて行ってきました。聞くのと見るのでは大違い!大阪造幣局の桜の通り抜けのライトアップや屋台情報をお伝えします。

大阪造幣局 桜の通り抜けの2017年の開催期間

大阪造幣局の桜の通り抜けは一般開放されるのはたったの1週間。しかも開催期間の発表は3月中旬から下旬と直前にならないとわかりません。前もって予定を立てずらいのが難点です。地元にあって得をするのはこういうイベントですね。

 

2017年の開催期間は

4月11日(火)~17日(月)の1週間です。

 

開催時間は

平日:朝10時~夜21時

休日:朝9時~夜21時

 

前日10日は地元の方に限定解放されたそうです。

10日は天気よかったのですが、火曜日水曜日と2日続けて雨が降りました。

風も強かったので桜が散ってしまわないかと心配していましたが大丈夫でした。

金曜日でもかなり見ごたえがありました。

 

大阪造幣局 桜の通り抜けの場所やアクセス情報

大阪造幣局の住所

桜の通り抜けは大阪造幣局の中にあります。約560メートルの一方通行です。

住所:530-0043 大阪市北区天満1-1-79

 

大阪造幣局 桜の通り抜け アクセス

大阪造幣局への最寄り駅は

 

JR東西線 大阪天満宮駅

JR東西線 大阪城北詰駅

京阪線  天満橋駅

です。

桜の通り抜けを見に行くには京阪線「天満橋駅」か大阪城北詰駅がオススメです。

上にも書きましたが桜の通り抜けは一方通行です。入口は南門なので大阪天満宮駅だと反対方向になってしまいます。

 

桜の通り抜けに行く前から桜を楽しめます。川の対岸から見る景色はこんな感じです。

 

桜の通り抜けのオススメコース

大阪城北詰駅あるいは天満橋駅からだと徒歩10分くらいで造幣局の南門に着けます。

まずは造幣局周辺の屋台で美味しいごはんを堪能しましょう!

 

その後桜の通り抜けをゆっくりと鑑賞します。

まずは団子、そのあと花です。

 

大阪造幣局 桜の通り抜け ライトアップ

日没後はライトアップされます。この時期の日没は18時半くらいです。

平日なら仕事終わりに行けばちょうどいい時間かもしれません。

 

夜でも、あるいは夜だからかもしれませんが、桜の通りは人がいっぱいです。

外から見ると桜の通りではなく、桜の通行止めです。

 

人はたくさんなのは人気があるからですが、その人気に違わず幻想的でキレイです。

桜の通り抜けの中では警備員さんが「立ち止まらないでください」としきりに注意の声を上げていますが多くの人が桜をバックに写真撮影をしています。

 

大阪造幣局 桜の通り抜け 屋台|オススメ食べ物

桜の通り抜け自体は飲食禁止です。もちろん屋台もありません。

ですが桜の通り抜けの周りにはたくさんの屋台が並んでいます。

進んでも進んでも屋台が途切れず、どこまであるんだ~と感激しました!!

桜の通り抜けの屋台のある場所

屋台があるのは桜の通り抜けの入口・南門のあたりから造幣局の東側と大川の間です。

正直どのくらいのお店があるかは数え切れません!!

桜の通り抜けのオススメ屋台

屋台の種類は多き分けて3つありました!

  1. 食べ物系
  2. 金魚すくいや宝石すくい射撃などのゲーム系
  3. 占い系

食べ物やゲームは普通ですが、手相や占いのお店があるのにびっくりしました。お客さん入るのかな??

食べ物系の屋台はそれこそたくさんあります。

中にはテーブルとイスまで用意していてイートインできる屋台もあるので夕食をここでとることもできます!

 

私の娘は宝石すくいにくぎ付けでした。プラスチック製の宝石を抱えて大満足の様子です!

本マグロ串焼き

1本500円とかなりお得!店頭に飾ってあるマグロの頭が人目を集めます!

和牛串焼き

1本600円のお店と500円のお店がありました。どちらも長蛇の列!

大きなアメリカンドッグ

普通のアメリカンドッグは1本200円ですが、特大サイズがオススメ。1本500円でこのボリューム!!

私の息子の顔と同じくらいの大きさでした(笑)

キャラクター綿菓子

これも長蛇の列。あまりに長い列なので並べませんでした。

チョコバナナ

お祭りのお約束チョコバナナです。

唐揚げ

唐揚げのお店もたくさんあります。概ね300円~500円でした。

でもオススメは唐揚げの詰め放題。小カップは300円でしたが十分詰めましたよ!

お酒は飲めるの??

花見と言えばお酒ですよね!

桜の季節らしく春限定柄のビールも多く出ています。

でも350ml缶で500円(税込み)!!市場価格の倍くらいの価格で販売されています。

それでも売れている!!だから価格が下がらない!!

まぁこういう場所ですから足元見ても仕方ありません。

生ビールなら1杯500円でもいいんだけど、缶ビールだとちょってね~

 

でも1か所だけありました。缶ビールがちょっと安いところ。

それでもコンビニ価格よりは高い350円!でもほかの店よりも3割安い価格で販売してます!!

ここは絶対外せないお店です!!

 

大阪造幣局 桜の通り抜けの近くの桜の名所

造幣局の最寄り駅が大阪城北詰というだけあって、大阪城公園が近くにあります。

歩いていくにはちょっと距離がありますが、桜の通り抜けを見た後、大阪城公園の桜を堪能するという贅沢コースもできますね。

大阪城公園の桜情報はコチラ

 

大阪造幣局 桜の通り抜けを子連れで行くときの注意点

迷子に注意しよう

桜の通り抜けはこの1週間という短い期間で70万人近くの人が訪れます。

と、いうことは1日10万人です。公開時間は約12時間ですが、朝は人が少ないことを加味すると昼から夜にかけては

1時間で1万人以上の人間があふれていることになります!!

 

こんなところで子供が迷子になってしまったら・・・

考えただけでぞっとします。

 

子供の手はしっかりつないでいること、子供には「絶対に親から離れない」ことを徹底させましょう

 

トレイが少ない

桜の通り抜けの屋台スペースはドリンクもたくさん売っていますが、トレイが少ないのが難点です。

トイレ、特に女性用のトイレも長蛇の列でした。

 

子供の望むままにジュースを与えては後で後悔することになるかもしれません。

もちろん大人も同じです。お酒を飲むとトイレが近くなりますよね。でもトイレの数が限られているので注意して下しさい!

 

大阪造幣局の桜の通り抜けに行ってきた感想とまとめのようなもの

初めて桜の通り抜けに行きましたが、屋台に気を取られて桜どころではありませんでした・・・

花より団子、そのものです!!

 

でも、それも花見の醍醐味だと思います。

 

今回は仕事終わりの19時半くらいに大阪造幣局の周辺にいました。屋台を堪能していたらあっという間に1時間経ち、造幣局の閉店時間の21時近くになってしまい、大慌てで桜を通り抜けました!

今度は朝からゆっくり行ってみたいと思います!