今日は力仕事が待っています。タタミを引っぺがして2階から1階へ運ぶ作業です。畳を張り替えるときに注意することしなければいけないことがあったので忘備録的に残しておきます。

今日の作業

  • 鴨居など木部の掃除
  • タタミを外し、1階におろす
  • 食洗器の取り外し
  • サニタリーのヤスリ&シーラー掛け

鴨居などの木部の掃除

鴨居(かもい)とは引き戸・障子・ふすまなどをはめる部分の、上部に渡した溝のついた横木のことです。

この部分です。

上から見るとこんな感じです。溝になっている上に下からだと見えないのでホコリは溜まり放題です。

ここのホコリを払って、水拭きです。

今回水拭きで大活躍だったのがケルヒャーです。

 

大きいホコリは先に落とし一気にケルヒャーしたらかなりきれいになりました。

蒸気が勢いよくでるのでその風圧でホコリはなくなるし、こびり付いた汚れも高温の蒸気で簡単にきれいになります。

 

鴨居及び柱など木部を一気に掃除しました。木部は普段あまり掃除しないところなので汚れはひどいものでしたね。

畳の取り外し&1階へおろす

木部がきれいになったら次は和室リフォームのために畳を外します。

2階に二部屋ある和室です。一部屋は寝室として使用するために畳の表替え、もう一部屋は畳からフローリングに切り替えます。

 

タタミを外すのは一苦労。バールを使って持ち上げました。

畳は大建工業の商品でした。

もっと重たいものかと思っていましたが、そこまで重くなく階段を使ってのおろしもそこまで苦労はいりませんでした。

これを表替えしてくれるかどうか、一度ホームセンターに確認が必要です。

 

2部屋、計12枚のタタミを1枚ずつ1階へ卸しました。

食洗器の取り外し

次が食洗器の取り外し。売主さんには撤去をお願いしていたのですが何故か残っていました。

後付けの食洗器ですが大型で、キッチンの天板に穴をあけ給水ホースをつないでありました。

 

中に残っていた水は臭かった・・・

元栓は占めていたのですがホースを取り外したときにホースに残っていた水が出てきて床を汚してしまいました。

すぐに拭いたので臭いは残らないと思いますが・・・

サニタリーの壁のヤスリかけ&シーラーかけ

ここまでは順調だったのですが、最後に時間ロスをしてしまいました。

 

先日壁紙を剥がしたときはこれでOKと思ったのですが、改めて見ると壁紙のカスが残ってひどい状態に。

きれいにしようとカリカリするとなんか没頭してしまい、なんと3時間以上もカリカリしてしまった・・・

 

そのくせ作業は一向に進まず、時間だけを浪費です。

こんな失態を犯してしまったのも、どの程度外せばOKかがよくわかっていなかったので完璧に取り外そうとしてしまったためです。

 

壁紙は妻が貼るのですが、妻に見てもらうと「この程度でOK」とのこと。

ヤスリがけとシーラーがけは明日に持ち越しです。

畳を外すときに注意すること

畳を外すときには注意が必要です。

和室から洋室に切り替えるときは畳は使わないので何の注意もいりません。

 

ですがタタミの表替えの場合は違います。

タタミは一部屋一部屋、微妙にサイズがちがうのでこれに番号を振っておく必要があります。

 

タタミの表と裏に番号と上下がわかるように油性マジックでシルシを付けました。

床にもシルシをつけておきます。

 

このシルシがないと後で畳をはめるときにうまくハマらない可能性があるのでこの作業はしておきましょう。

まとめ

今日はAM9時半から8時間リフォーム作業に当てましたが半分は時間の無駄使いでした。

明日はこうならないように、今日の反省を生かし作業に当たることにします。