12日(日)に娘の小学校で事業参観がありました。日曜日の開催だったので私も行くことができ、初めて娘の授業風景を見ることが出来ました。たまにはいいものですね。

授業は10時半には終わり、その後はイベントが開催。4年生以上の高学年は各クラスで催し物を行っていました。

その催し物の一環でハンドメイドも出店が出来たので、私の妻も参加していました。

 

商品はスイーツデコ。

ターゲットは女の子でした。

本当はワークショップにしたかったのですが、学校側がワークショップを経験したことがない為、断られてしまいました。

商品の販売となると、商品の作成をしないといけないので、それが大変です。

 

とは言っても、商品を作成したのはすべて妻。

商品作成にかかった期間は1週間。

 

その1週間で私がしたことと言えば、子守りと家事全般。

でもこの子守りが大変でした。

 

2歳3か月になる息子はしゃべりはしますが、何を言っているのかわかりません。

そんな子供に振り回されるばっかりで、ただ時間だけが過ぎていきました。

 

子育てをしている専業主婦が、三食昼寝付きだなんて、経験していない人の偏見ですね。

子供の世話と家事だけで自分の時間なんて全く取れない1週間でした。

販売商品と販売状況

妻が商品作成に専念する時間を作るという形で、私も作成に貢献したわけです。

で、販売した作品は

  1. マグネットホイップ
  2. ホイップキーホルダー
  3. デコブラシ
  4. デコミラー
  5. 移動ポケット
  6. テトラポーチ
  7. ロゼット
  8. 髪飾り・シュシュ

の8商品

①マグネットホイップ

丸磁石の上にホイップをのっけて飾りつけをしたもの。

原価も安いので客引き用の目玉商品。販売価格は100円にしました。

おかげさまで完売です。

②ホイップキーホルダー

これも目玉商品で100円。

軽ねんどで作ったマカロンにデコレーションしたものです。

これも人気があってほとんど売れました。

③デコブラシ

ブラシの背の部分に、ホイップで飾りつけをしたものです。

4つ作成して、3つ売れました。

ちょっとだけ大人っぽい飾りつけをしたものが残ってしまいました。

④デコミラー

ハンドミラーの背をホイップでデコレーションしたものです。

面積が広いので多くのホイップと飾りを使用しました。

 

写真ではわかりませんが、柄の部分が折れてスタンドミラーになるというスグレモノです。

6個作成して完売です。

⑤移動ポケット

ポケットのない洋服でもハンカチやテッシュが入れられるポケットです。

カバンの内側につけてサイドポケットのようにしても使えます。

⑥テトラポーチ

娘は給食復路として使っています。

巾着ではなく、ファスナーなので使いやすいようです。

まだあまり知られていない形のせいか、お客さんはデザインに感心していました。

 

他の商品に比べるとちょっと高い値段設定でしたが、8個作成して4つ売れました。

大健闘です。4種類のガラを用意しましたが、人気のガラが集中してしまい、販売機会を逃してしまいました。

⑦ロゼット

あまり売れずです。

移動ポケットの飾りとして用意しましたが、初めからセット販売にすればよかったとちょっと反省です。

⑧髪飾り・シュシュ

この髪飾り・シュシュは妻の手作りです。

ツインテールにするのに2個いっぺんに買ってくれる女の子もいてうれしかったです。

材料代は安かったのですが、手間がかかった一品です。

販売を終えて

目玉商品が1個100円。一番高いものでも700円という価格設定でした。

販売時間は11時から16時の5時間ほど。

 

売り上げは17000円ほどだったので原価は軽く回収できました。

出店代として学校に売上の2割を持っていたれ13000円ほどが手元に残りました。

まとめと反省点

ワークショップなら、材料をそろえておけば、あとはお客さんが造ってくれるのでラクですが、ここまでの売り上げは見込めなかったかもしれません。

 

ワークショップと商品販売の二本立てで行くのがベストかも。

 

今回の反省点は販売がこのイベント単発で終わらせてしまったこと。

その場で終わらせるのではなく、次につなげるための行動をとりたいと思っていたのですが、具体策を打てませんでした。

 

次回は具体策として

①チラシの作成

商品の受注、もしくはスイーツデコ作成教室の告知を行い、その場で終わらせるのではなく、次の販売機会につなげます。

②メルマガ・ライン@への誘導

内容はこれから決めますが、メルマガやライン@を利用して販路を広げていきたいと思います。