痛風の時にお酒を飲まない方がいいのは百も承知です。でも発作の痛みがとれてきたら飲みたくなるものですよね。どのくらいのお酒なら大丈夫なんでしょうか?純アルコール20gってどのくらいですか?痛風の時に飲んでもOKなお酒の量の計算方法と許容量について考えました。

痛風治療時のお酒の摂取量

痛風発作が治まって、痛みが取れたら、痛風の治療を開始しないといけません。

痛風の治療は基本的に生活習慣の改善です。

 

そのなかで注意が必要なのがお酒です。

生活習慣の改善とは食生活の改善に重心が置かれます。

 

食生活の改善の中でも問題となるのがお酒ですよね。

サラリーマンなら上司や取引先から誘われて飲みに行くこともしばしば。

痛風だからといって毎回、ノンアルコールやウーロン茶では味気ない。

 

ました自分自身がお酒好きなら耐えられませんよね。

でもお酒の飲みすぎ⇒尿酸値あがる⇒痛風悪化は避けたいところ。

 

なら痛風ともお酒とも上手に付き合うしかないんですね。

一番避けなくちゃいけないのは

痛風だから禁酒⇒苦しい⇒何かのきっかけで暴飲⇒なんか嫌になって禁酒辞めちゃう⇒痛風悪化

というチャートです。

 

ではどのくらいのお酒なら飲んでも大丈夫なんでしょうか?

 

調べていると、どうやら

  • ビールだと中瓶1本
  • 日本酒だと1合
  • ワインだとグラス1杯
  • ウイスキーだとダブル1杯

らしいです。

 

ちょっとあいまいな数値ですよね。わかるのは中瓶1本くらいかな?

あとは個人差がありそうです。

 

そこでもうちょっと調べていくと出てきました。

これらの量の共通点は純アルコール20gの量でした。

 

痛風治療時に飲んでOKなお酒の量は

1日純アルコール20gの量まで。

周に2~3日は休肝日を設けること!

純アルコール20gってどのくらい?

で、純アルコール20gをどうやって調べたらいいのか?

 

量に換算するとまた

  • ビールだと中瓶1本
  • 日本酒だと1合
  • ワインだとグラス1杯
  • ウイスキーだとダブル1杯

になっちゃいます。

でも自分で計算しながら、自分で摂取量を決めたいところです。

 

さらに調べていくと計算式がありました。

 

純アルコール量(g)=お酒の量xアルコール度数÷100x0.8

という計算式です。

最後に着いている0.8という数字はアルコールの比重です。

 

なので例えば

ビール:中瓶1本(500ml)、アルコール度数5%だと

500x25÷100x0.8=20

となります。

 

家で晩酌する場合

家で晩酌をするときはだいたい350ml缶です。最近のよく飲むのが韓国産の発泡酒、「本旨 麦仕込み」です。

だって安いんだもん。生協で税込み100円ちょっとで買うことができます。

容量は350ml、アルコール度数は5%

となると純アルコール量は

純アルコール量=350x5÷100x0.8=14g

 

残り6gの純アルコールを摂取してもOKです。

純アルコール6gがどのくらいかを計算します。

 

アルコール度数25%の焼酎の場合、摂取量をAmlとすると

Ax25÷100x0.8=6

A=6÷25x100÷0.8=30

となります。

 

つまりアルコール度数25%の焼酎なら30ml飲んでOKとなります。

焼酎30mlならチェーン店の居酒屋で出てくるウーロンハイやレモンサワーを同じくらいの濃さですね。

 

ちょっと物足りないけど仕方がない・・・

 

あるいは全部焼酎にして、20度に落とせば

Bx20÷100x0.8=20

B=20÷20x100÷0.8=125ml

となりました。

 

これなら30mlずつ入れて4杯飲める。

こちらの方が現実的か・・・

痛風になぜアルコールがだめなのか?

そもそもなぜ痛風にアルコールがだめなのか?

ビールやワインでなければプリン体が入っていないから大丈夫だという間違った知識を持っている人もいます。

 

でも、ビールでもワインでも、焼酎でも、ウイスキーでも痛風には悪影響です。

 

アルコールを飲むと

①アルコールの排出の方が、尿酸の排出より優先的に行われるので、尿酸値濃度が上がる。

②アルコールを分解する過程でプリン体が生成されるので尿酸値濃度が上がる。

③アルコールは利尿作用がるのでトイレが近くなる。身体から水分が抜けるので結果として尿酸値濃度が上がる

いいことなしです。

 

これに加えてビールなら

④ビールにはプリン体が含まれているので、その分尿酸値濃度が上がる。

となるわけです。

まとめ

というわけで、お酒を飲んでも痛風にとってはいいことは何もありません。

でも、禁酒の反動から飲みすぎへ走ってしまってはどうしようもない。

 

なので週に1~2回、ビール+水割り1杯or水割り4杯を飲むことにします。

痛風の人は気をつけてくださいね。